奈良のおもちゃ職人 ヤマト建装センターのものづくり

温かみのある感触:木のおもちゃは通常の素材の温かみのある感触を持っています。 木の表面は滑らかでオープンなので、お子様が特別な空気に触れて見つけることができます。 この物質的感覚は若者の能力を活性化し、物質的感覚の向上を促進します。

身近な素材の温もり:木は金属やプラスチックなどの扱いやすい素材とは全く異なり、温もりを感じる興味深い素材です。 子どもたちは木のおもちゃを手にした瞬間 0歳木のおもちゃ、温かさ、安心感、そして調和を感じます。
さまざまな表面: 木のおもちゃはさまざまな表面で提供されます。 木製の表面は、滑らかな部分や偏った木目など、お子様の指先にさまざまな感覚を与えます。 これは、若者の物質的な変化と実質的な学習にエネルギーを与えます。

余分な合成物質は含まれていません: 木のおもちゃは一般的な材料を利用して作られており、余分な合成物質やコーティングが含まれていない場合があります。 これらの線に沿って、お子様が木のおもちゃに触れたときに、偽物の感触や物質の匂いを経験することはありません。 混じりけのない従来の素材の空気を味わうことができます。

素材の選択に力を入れる: 木のおもちゃにはさまざまな形や部品があります。 お子様がおもちゃに触れた瞬間、木の表面と形状の違いを感じることができます。 たとえば、部品の素因や拡張などのさまざまな材料の変化が、小さな子供の材料学習を活性化します。
普通の表面を体験する:木のおもちゃは、表面や木目の素晴らしさを味わうことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *